2009年07月08日

摂食障害 難病の最新 NEWS

こんにちは、今日は摂食障害 難病についてです。

【噴水台】政放大 - 中央日報

中央日報

【噴水台】政放大
中央日報
今年50歳誕生日を迎えたが、外見は相変らず10代後半の彼女。まさにバービー人形だ。36−18−33インチである彼女のスマートすぎるスタイルが拒食症を拡散させるという恐れが出るほど、少女たちに及んだ影響はかなりのものだった。1992年7月に姿を見せ ...

and more »

何か病気続きのような・・・不安です
ここ数年立て続けに色んな病気・その可能性が出てきて凄く不安です。最初は心療内科での「神経症」。これは今も通院して薬を飲んでます。でも随分落ち着くことが多くなりました。でも冬は基本的にダメで、冬季うつ病

苦しさ
私も稀少難病で苦しんでる。 頑張って家事をすると次の日に堪えるのでちょっとしか出来ない。身体中の血管が破れる 少しでも運動して歩ける様にしないとって未だに母に言われる。 一番の理解者である母でも私の病気の苦しさは分らない。 ...

釈由美子が難病のギラン・バレー症候群!?
釈由美子がブログで難病を告白との話題ですが。。。 ブログを見た診断医が「末しょう神経炎と診断してもいいくらいの軽いレベル」と説明。 過食症や拒食症を繰り返し、摂食障害で苦しんだ彼女ですが。。。 視聴率女優として重宝がられている人気女優の釈 ...

「僕ら、友達だったのかな?」ラリバージョン うおくきん

摂食障害というこころ
価格: 2,520 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
創られた悲劇/築かれた閉塞 著者:松木邦裕出版社:新曜社サイズ:単行本ページ数:240p発行年月:2008年05月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)語られない苦しみ・悲しみ・怒りに耳を傾ける。どのようにして起こり、いかに対応するか。【目次】(「BOOK」データベースより)前篇 摂食障害の本態(見立てることの大切さ—その患者は誰なのか/病いの本態はどこに?—中核の不安を見すえる/うつりゆく病態—サイクルの展開と岐路/パーソナリティ構造—そしてコミュニケーションの病理)/後篇 治療的かかわりの実際(治療のターゲット—なにを目標にするか/治療の構造—およびその



『食べない心』と『吐く心』を越えて -摂食障害から立ち直る女性たち-

価格: 1,680円 レビュー評価:5.0 レビュー数:4

15年の摂食障害を克服した者です。



過食の理由は脳や体の身体的なメカニズムの異常から来る理由が一つ。



もう一つが心の問題だ。

大体、そんなに身体的メカニズムに異常をきたし

結果として過食嘔吐になるまで食欲を我慢できてしまうほど、

ヤセにこだわり続けるワケはなんなのか。



この本では、幼い頃にうけた心の傷が原因になって

「痩せ」に拘るようになってしまうという事が書かれているが

私自身の経験と照らし合わせても大いに納得できる。



ただ、心
...さらに詳しい情報はコチラ


トヨタ ヴォクシー
わきが
レディースローン

posted by 虎にんじゃ15 at 00:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。